その他2006
2005年度はこちら
  ADSL開通 2006/12/05
 12/1、ついに悲願のADSL開通でごじゃります!!
 10年待ったとです。
 きつかったです、つらかったです、田舎の悲哀120%・・悲しき悩み多き時間を過ごしたとです。
 デジタルデバイドで差別される側になり、すっかり根性がイジケきってしまったとです。
 しか〜し!
 苦節10年、ついにこの日がやって参りました!
 パンパカパ〜ん なんです〜

 「なんだ今頃ADSLか、光じゃないのか、衛星ネットじゃないのか・・ふふん」・・うぅぅ・・・
 ここはケーブルテレビさえ恐れて近寄らぬ異境の地。
 でももう良いモンね・・・うっふっふ・・・にゃっはっは〜!!
 IP電話のセットもしたしskypeもOKだしFTPで大量転送してもメチャ速いし、もう文句ねっす。
 あちこちの速度測定サイトで調べてみたんだけど、大体17〜21Mの速度っす。速ぇっす!!!
 で、これからADSLに接続するチョー遅れた田舎モンのために、チョー速回線のオイラが少し書き残しておいてやるか・・ば〜か、今頃そんな奴居ねぇよ(^^;
  • まんず、ADSLに申し込む前にここで伝送損失を調べるのだ。
    なんかゴチャゴチャと逃げ口上がいっぱい書いてあるけど、無視してどんどん行けばたどり着くです。
    自分の電話番号を入力して、距離と伝送損失をメモしておく。
    事前にこれを調べておかないと、ADSLが繋がらないときにNTTの無責任社員に「お宅は伝送損失が大きすぎてADSLは繋がりません」などと平気で嘘をつかれるのよ。よっぽど働くのがイヤなんだね・・オイラがしっかり経験済み。
    大体50db程度迄なら繋がるんだそうなので、ダマされないようにね。
     
  • 伝送損失が分かったら、次はここのページの下の方にある損失のリンクをクリックする。
    これで何メガのADSLに申し込めば良いのかが大体分かるのです。
    損失がでかくてどうせスピードが出ないのに「モア2」とか「モア3」とか申し込んでも値段が高いだけ損なのだ。
    とは言っても、オイラの所みたいに「そこはモア2しかないけんね。なんか文句あるわけ?」と言われちゃうと「はぁ、もうそれで十分でございます。スイマセン、ひとつそいつでよろしくお願いいたします」としか言えないんだけどさ(-_-)
    で、実は伝送損失を事前に調べても、これはあくまで標準的な伝送損失値なわけで、実際は条件によってかなり差があるんですら。
    オイラの所は伝送損失29dbなんだけど、これだと8Mタイプで十分に見えるんだけど、実際は20M出てるのだ。
    つまり、交換機からの距離や交換機と自分の家までの間にノイズ源が有るか無いか、周りの家でもネット接続をしてるか、ISDN回線や光回線が一緒に通ってるか・・こんな条件で速度が変わってくるらしいんです。
    知り合いのオバチャンの家は交換機から近いんだけど、間に電車の線路が通ってるんだって。もうそれだけでADSLは繋がらないんだと。
    ちなみにオイラの家の周りにはなんもありません。
    工場ナシ、電車ナシ、放送局ナシ、高圧線ナシ、パソコンナシ、コンビニナシ、ネーチャンナシ、ババァはおる。
    もちろん光ケーブルなんて来てないし、CATVも無い、ISDNも使ってたのはオイラだけじゃないかなぁ?
     
  • で、繋がったらこことかこことかここで速度を調べる。
    「ふむふむ」とか「速いじゃん」とか「納得出来ん」とか「前に比べりゃ文句無し」などと感想を述べたりする。
     
  • 次に速度向上に挑戦ってわけで、ここにいく。
    「Dr.TCP」ちゅうソフトを使って速度向上を図るわけだ。
    タイトルに「光ファイバ云々」って書いてあるけど、ADSLにも凄い効き目だよ! < すとさん、サンキューなのだ!
    オイラのパソコンではRWin値として”262140”をセットしたとき最高速度の20.8Mが出た。
 今までISDNだったんだけど、この速度だと株価のチャートを見るだけでも大変だったんだよ。
 ヤフオクで出物を探すのもヒデかったし。
 それに仕事がらみでライブラリとかをCCで送られちゃうと、もうネット関係が全部ストップ。
 株の取引用のツールでHYPER*ETRADEを使ってるんだけど、メールの添付ファイルが来ると落ちちゃうことがあって、そのせいで損したことが数知れず!・・うそつけ(笑)
 そんな苦労もこれにてエンドっす。
 ホンマ、うれしいです・・ついでに温泉でも出ないかな・・

  ロッドキーパー製造譚 2006/11/12
 リールをセットした状態の竿を見ていたい。
 ビールを飲みながらいじくりたい。
 やっぱ竿かけが欲しいなり。

 ロッドキーパーは買うもんじゃないっしょ?
 これは作らないとだよね〜面白そうだもん。
 ちゅうわけで作ってみました。
 予想通り楽しいっす。
 ただ、取り付けにはなるべく釘を使いたくないのであります。
 オイラの住んでる家は製造後百何十年とからしくて、メッチャンコ古いのです。
 柱やら梁やらぶっとくて黒ずんでてカッコ良いんだけど、これに穴を空けたら先祖の霊魂にぶち殺されそうねん。
 でもねぇ、一部のアホ先祖がカレンダーをぶら下げるために遠慮無く釘を刺した跡が有るんだけどね〜(笑)
 で、なるべく穴をあけずに取り付けねばならんの。
 で、見事完成でございます。
 家の中に竿かけを作ったイキオイで、ハイエースの中にも作ってしまったなり。
 車は揺れるから工夫が必要なんね。
 ビールを飲みながら作るのって、やっぱり楽しいでございますね〜


穴あけゼロよ。凄いじゃん。
色気もセンスも無いねぇ
材料費500円以下。

仕事しながら左上を見上げると
こんな風に見えるワケ。
うっふっふ・・・うれしいわ(^^;

ハイエースの中。手前の白いパイプは突っ張り棒。
上側には竿が滑らないようにゴムを貼ってる。
竿はマジックテープで縛ってるのだ。
あ〜面白ぇ〜な〜

最初はここも細い突っ張り棒を使ってたんだけど、頭上が
狭くて気に入らないんで、木の板をカーブさせてはめ込んだ。
この?金具にシリコンパイプを長目に入れたのがエライ!
これで竿の跳ねが押さえられ、外れないし痛まない野良特許。

  低重心トリガーシート改造 2006/11/02
 ヒラメ釣りに一度だけ使った竿をオークションで売ることにして、代わりの竿(リーディング-XA64 190-2)を買っちゃった。
 低重心トリガーシートとか言って、リールの取り付け位置が低いやつ。
 そんで早速、例の小型電動リールをくっつけようとしたら、げげ!ぶつかるじゃん!
 ラインを左右に送るレベルワインドちゅうのかな?糸を巻こうとしたらあれが握りのスポンジにぶつかってしまうのだ。
 なんちゅうアホな竿、なんちゅうアホなリールや〜
 悩みました・・結石でおなかが痛いのに(-_-)
 さんざん悩んで出たのは簡単な結論でして、いやになっちゃうね。

ラインを左右に送るでっぱりが
ぶつかってしまうのだ。

リールシートの先端をはさんで
後ろは糸で巻いて止めた。

はい、どうも。
ぐらつかず調子エエです。

06/11/30追記
 寒くなってきましたね〜
 先週の土曜に、ぬぅわんと!この竿とリールでジギングしちゃったじゃん。
 いつものOrca丸に乗せてもらってアイナメのポイントを回ってたんだけど、魚探を見ていたOrca船主が「ありゃ〜!真下に魚の反応が出ちょるとですよ!それも凄い量でごわっせぃ!」との興奮叫び声!
 「お〜〜〜〜!そりゃ凄い。なんでもいいから下ろせば釣れるべ〜」ってんで、大急ぎで30gばかりのチョー小さいジグを下ろしてみたのであります。
 あらまぁ、ジグを下ろしてる途中で竿先が大騒ぎ。
 フォーリングで当たっちゃって、このヘニャ竿はもう先端がプルプルプルプルのびりびり振動でごじゃるのです。
 電動で低速巻き上げしてたらOrca船主が「おお!でかいですね!」・・・上げてみたら20cm程のサバ(笑)
 う〜ん、あんだけ竿が弓なりに曲がると、誰が見たってマグロが釣れたと思うわな。
 いや〜面白ぇよ〜、この竿とリールのセットで釣ると、20cmのサバが気持良いんだよ〜
 こういう極端な道具って面白いよね。いかにも「趣味の遊び道具」って感じでさ。
 で、ジギングしてみて気がついたんだけど、強くしゃくるとリールが何となく安定してないねん。
 で、早速また改造なのであります。
 今回はリールシートの先端部分をちょん切って、リールの足にかぶせて、全体をちゃんとはめ込んだのだ。
 高さが少し足りなかったんで、2mmのアルミ板を間にかませたった。
 リールの足がちょっと厚みがありすぎて奥まで入らないんで、グラインダーで削った。
 そんなこんなで、今度こそバッチグーざんす。エエです〜

これでジギングもOKよ。

07/07/17追記
 この竿をヒラメ釣りに使ったときの様子。
 小型電動リールVS300にPE2号(07/07/21PE0.8号に入れ替え)を100m巻いたのをセットして使用してます(他のリールはセットしてない)。
 アイナメやカレイ釣りでは面白くない。エサがイソメなので特に楽しみがない。
 それに比べてエサにイワシを使うヒラメ釣りは、こりゃもう最高に楽しいですわ。
 まず、なんと言っても「イワシの動きが手に取るように分かる」ってのが最大の特徴でんな。
 イワシが泳いでるのも、イワシがくわえられたのも、イワシが弱ってきたことも全部分かります。
 こりゃもう驚きの感度でっせ。
 イワシをセットしてラインをすーっと下ろすと、最初はイワシが泳ぎ回ってるのが伝わってくる。
 次にイワシが追われたことが手に伝わってくる。
 続いてイワシがくわえられたのが伝わってくる。
 最後に食い込んだのが伝わる。
 これらが明白にホントに手に取るように分かるであります。
 イワシがイカに襲われた時の「ビヨンビヨン」も確実に分かります。
 またイワシが弱って泳ぎに根性が無くなってきたことも、傷ついてほとんど動いてないことも確実に伝わる。
 だからエサ替えのタイミングが非常にヨロシイのであります。

 竿でこんなに差があるって知らなかったです。
 「竿なんて大体合ってれば、腕でカバーできる」と思っておったです。
 う〜ん、この竿を使って考えが変わったわ。
 この竿はヒラメ釣り素人・ノこそ使って欲しいと思うし。
 だってイワシの動きや海底の様子が凄く良く分かるんだもん。
 ヒラメの手抜き釣り・・・
 1:竿先が動いてるときは何もしないのだ。
 2:竿先の動きが止まったらイワシを交換してちょうだい。
 3:竿が下向きに突っ込んだら上げるのだ。
 竿が柔らかく食い込みが良いんで、送り込んだりする必要ナシ。
 オモリは海底に着けておいてもOKよ(オマツリするから糸のテンションは調節してね)。
 「ヒラメ釣りは難しいなんてウソだよね」と言いたくなるよな〜

 それとこの竿はとても軽いんで、竿受けは不要でっせ。
 エサ替えや仕掛けチェックの時にいちいち竿受けに乗せるよりも、アイスボックスやら船縁に立てかける方がラクチンなり。
 軽いし短いからそこらに立てかけられるのだ・・膝に立てかけたり、股に挟んでも良いなりよ。
 なお竿が短いんでリールのドラグ調節はきっちりした方がエエ。
 それからオモリは30号ぐらいまでで使う方が良いみたい。自分としては15号が快適でんな。
 竿が柔らかいんで、もしかしたらラインをもっと細くする方が楽しいかなとも思っておるのです。
 柔らかい割りには元気で、ヒラメ50cmを釣ったけど全然余裕でやんした。

  陸奥湾で鯛釣り 2006/10/24
 22日に陸奥湾に鯛釣りに行ってきました。
 初めての鯛釣り。
 初めての流し釣り。
 釣果はオイラは5cmのタコ一匹。弟子は鯛3匹。
 青森マリーナから船で50分ほど(距離は片道24km)の鯛島の周りでの流し釣りでありました。

06/10/22 青森マリーナ。

 タコ一匹だからつまらんかったですわ。
 じゃなくて〜
 実は色々と面白かったですわ〜
 ずっと高速道路で行ったんだけど、まず青森市に着いてその雰囲気の違いがエエです・・日本風じゃないのだ。
 広い、こてこてしてない、看板が少ない、人が少ない、なんかこぎれいなんだわさ。
 青森マリーナもしゃれてるんだよ。
 すぐ駅前がマリーナで、駅の真ん前、歩いて1分って感じ、ホントに駅前にマリーナがあって駐車場もあってクレーンなんかもあるんだよ、それも公園風に整備されてて綺麗だし。
 ちょっとここは日本じゃないかもって美しさですな。
 こんな綺麗な場所(しかも駅前)で、まさか立ちションするやつとかいないよな(笑)

 いやはや、船に乗る前からとても良い雰囲気でして、海外へ来たような開放感を感じたりしたのでありました。
 で、このマリーナの33番(帰路の着岸の時に良く見てたら32番だった)の船着き場にオラ達の乗る船が来て、早速の乗船でございました。今回は地元のオッチャン達と乗り合いで全員で6人なり。
 マリーナを出て走り始めたらさ、まぁ、この船のスピードの速い事よ。
 プレジャーボートちゅうらしいんだけど、いつもの漁船とは大違いで、スピードが出るねん。
  オイラ → 船長:「この船、えらく速ぇんでねっか?」
  船長 → オイラ:「なんの、こんなもんでね。」
  オイラ → 弟子:「この船さ、かなり出てるけど、まだもっと出るんだとさ。」
  弟子 → オイラ:「んじゃゴジラが出現してもチョー速で逃げ切れますね。」

06/10/22 ゴジラより速い。

06/10/22 暴走中。

06/10/22 中がしゃれてるねん。

 マリーナを出ると約50分ほどで今回の目的地の鯛島ちゅう、小さい無人島周辺の釣り場に到着したのであります。
 完璧なナギ状態。無風。晴れ時々曇り。
 今回は初めての流し釣りってやつでして、これは船のエンジンを止めて、シーアンカーちゅう、まぁ落下傘みたいな物を船の先端に結んで海に流し、潮の流れに乗って釣りまんねん。
 エンジンを止めちゃうんで、こりゃアンタ静かでんがな!
 波が船体に当たるぽっちゃんと言う音しかしないの。
 大海原で音の無い状態でいるだけで、もう最高の気分の良さでございます。
 「太陽がいっぱい」のアランドロン状態とでも言うか・・女気抜きの太陽少な目だったたけど(^^;
 こんなに状態の良い海は、年に一度も無いんだそうです。
 で、タコが釣れた。

06/10/22 これ鯛島。

06/10/22 べたナギでがす。

 ちゅうわけで、タコしか釣れなかったんで書くこともなく・・・じゃないのだ。
 実は船長がオイラの隣で釣り始めたんだけど、これがまぁ入れ食いなんだわ。もう腹が立つぐらい入れ食い。
 何がこんなに違うの?なんなの?こんなに腕の差って出るモンなの?
 って、事でして、もうあきれかえりましたわ。
 ここまで腕の差があると、これはもう自分のやり方でやっても無駄ってもんだよね。
 素早く学習モード入りでごわす。
 「船長、ちょっくら見学させてくんろ」と言って、自分の竿はとっとと置いて、完全な「船長見学モード」にて観察開始・・ジロジロ見てたんで船長もやりにくそうだったね〜船長スマソ。
 で、まず最初に気がついたのだが、オイラみたいに船室によっかっかったり、座ったりしてないのだ。
 何も掴まらずに両足でバランスを取りながら、ユラユラと直立してる。
 うぬぬ・・・何かあるな・・・ってんで、早速マネしてみた。
 なんと、こうするとあらまぁ竿先が全然揺れないんだよね。
 これで当たりを取ってるってワケだったのだ!
 よっしゃぁ!分かった!奥義を究めた也、オイラもこれで入れ食いよ!
 とは行かなかったのは、タコ一匹の釣果でお分かりの通りなのであります。
 その他にも底のこづき方とか誘い方とか色々盗み見させてもらって、朝の7時から午後2時半まで、珍しく全く飽きずに続けることが出来たのでありました。しかも立ったままでだよ!
 いつもだと大体3時間で飽きるんで、こりゃ画期的なことなのです。
 で、そんなこんなで見学してたら、船長に大物がヒット!
 「ほれ、あげてみんさい」と船長がいきなりオイラに竿を渡してくれたのだ。
 ひょ〜うれちぃぃぃ〜〜〜〜
 手応え的には青物のスピードを抑えた感じとでも言うか。下向きに突っ込む感じとでも言うか。
 トルクがでかい引きでしつこく何回も突っ込む感じでんな。
 ちゅうわけで、60cmの大物鯛を釣り上げたのは、なにを隠そう、実はこのオイラなのだ!・・・わ〜っはっは(^^;

06/10/22 観察される船長。

06/10/22 弟子も上手いねんで。

06/10/22 到着〜

  リール購入 2006/10/18
 久しぶりにリール購入なりなり。
 今回は超小型の電動リールで、リョービ(と言っても上州屋)のVS300
 ずっと前から欲しかったんだけど、やっとこさ踏ん切りを付けてここで買いました。
 バッテリーも重いのを持ち歩きたくないんで、NP2.3-12(12V2.3AH)をここで購入。

 このリールの消費電力はシーボーグ400の約半分、糸巻き量はPE2号なら140m。
 消費電力が半分って事はパワーも半分程度、使い道もそれなりなのだ。
 糸巻き量はフルで2号140mだけど、なにせパワーが半分なんで2号100m巻きにして(軸を細くして)トルクを補うのです・・ま、浅場だから100mあれば十分ね。
 バッテリー容量だけど、シーボーグで200gのジグで6時間ジギングしても12AHのバッテリーは十分残ってる。
 消費電力が半分のVS300でのジギングなら6AHで十分。
 ジギングならぬ普通の釣りなら消費電力は更に1/3〜1/4って予定で、2.3AHのバッテリーにしてみました。

06/10/18 VS300.
これでも電動リールなのだ。
ホンマに小さいよ。しかも軽いのだ!

06/10/18 バッテリー(手前)。
12V2.3AHなり。重さは1kg(向こうの4kg)

 で、こいつを浅場の小物釣りに使おうって魂胆ざんす。
 浅場の釣りと言っても、船の移動時やエサの確認・付け替え時には、結局30mや50mは巻き上げと落とし込み・ェあるわけで、オイラとしてはこれを何とかしたかったのであります。
 ただし底取りやエサの送り込みなんかは丁寧にしたいので、リールが軽いことと親指での操作が必須条件なのだ。
 ちゅうことで、早速いじくり回して遊んでみたです。
 いや〜、とっても軽いです。とっても小さいです。手の中に入り込みます。快適でっす!!
 左手の親指だけでクラッチのON・OFF、そのまま親指でスプールを回してラインの出し入れが出来る。
 この使いやすさときたら、去年買ったAXIS100v2よりずっとエエです。ドラッグもはるかに滑らかで立派どす。
 軽い、背が低い、左手だけで扱いやすい、ドラッグが良い、しかも電動・・・完全にベイトリールの代わりになる・・・AXIS100はオークションで売却決定(笑)
 こんなに良い物を作れるのに、リョービの釣り事業部は上州屋なんぞに買収されてしまったのでありました。

 そうそう、シーボーグみたいなモータ速度可変レバーは付いてなくて、速度はHiとLowの二段階だけなのだ・・可変速レバーだったら凄いけどね〜・・・しかもデプスカウンターも付いてないのだ・・底釣りだとあんまり気にならないけどさ。
 今週末の鯛釣りでは、40g程度のジグを使ってちょこっとライトジギングもしてみる予定です。
 なんだかんだ言いながら、電気で動く物が大好きなワタシ・・・もう手で巻くのイヤ(^^

06/11/04追記
 山田で浅場釣りに使ってきました。
 OKっす!
 6時間ぐらい使い続けたけど、バッテリーは全然余裕で、まだまだ残ってる。
 もっと小さくても良いと思うけど、バッテリーって3年もすると劣化して容量が減ってくるから、んま、これで良いかな。
 リールはチョー快適ざました。
 軽量フニャフニャ竿とのセットで使ってみたけど、餌の確認や移動時の便利さは予定通りで、使いにくいところもなく文句無し。
 音も静かでダイワのリールとは大違いね。
 ・ェき上げ速度も文句無し、
 オイラが電動で巻き上げ始めたら、となりでOrca船主が「電気なんかに負けねぇぞ〜!」などと叫びつつ、思いっきり巻いてたけど、それよりも早いもんね。ハイ、電気の勝ち(笑)
 そうそう、クラッチを切ると余りにスプールが軽く回るので、バックラッシュに注意でござんした。
 ヒラメ、アイナメ、カレイ、鯖とかが相手の場合の竿とリールのセットは決まったようじゃ・・・むっふっふっ・・・

  久しぶりの塩竈サバ釣り 2006/10/14
 塩竈にサバ釣りに行ってきたっす。
 ジギングね・・手抜き電動リールで(^^;
 今回のサバはもうメチャ美味い!
 こういうときに限って発送用の伝票とか持ってかないんだもん。
 ちゅうわけで一人で美味しく頂いてます。
 う〜ん、しかし今回のサバは美味い!・・ホントに金華サバなのね〜

06/10/14 港から1時間チョイでやっと釣り場に到着。
弟子も電動リールでジギングなのだ。
生意気なのだ。

06/10/14 本・c宗一郎のマイボート!?

06/10/14 サバ釣りに飽きて遊んでたら
隣のオッチャンにメジ(マグロの赤ちゃん)がヒット〜!

06/10/14 「オラオラ!どうじゃい!」
オッチャンご機嫌・・くっそ〜

06/10/14 オイラ、寝っ転がって空を見てたです。
良い天気だな〜・・・・すると突然弟子の奇声が!!
すわメジが来たか!

06/10/14 イナダ(ぶりの赤ちゃん)じゃん。
も〜〜、すぐに大声で騒ぐんだから〜(笑)

06/10/14 ちゅうわけでメチャ美味いサバなり。
釣るとすぐに血抜き&内蔵を捨てちゃうから、刺身で食うのが最高ね。
でもねぇ、脂が強すぎてオイラは刺身じゃ5切しか食えないのです。

06/10/14 こいつ、金華サバを大量に食って
もう完全満足モード入り。

  耕運機オーバーホール 2006/10/11
 20年以上使ったホンダの耕運機をついにオーバーホールに出したです。
 いつもの修理屋のニイチャンは耕運機は趣味じゃないと思うんで、耕運機を買った花巻のお店に電話して引き取りに来てもらったとです。
 農機の部品って確か20年で在庫が無くなるんだよね?
 オイルシールとかワイヤー関係とかキャブレター関連の部品とか、全部交換してもらうことにしたのであります。
 20年以上も平気で動くホンダの耕運機って凄くない?
 ここまで凄いと新しいのを買う気が起きないもんね・・もう「どっちが先に逝くか」って話しになりそ。
 「来年の春まで使わないから、落ち着いていじってチョ」とお願いしました。
 オーバーホールが終わって手元に来たら、何を交換して何・整備したかをアップさせていただくです。
 今から楽しみでございまする。

06/10/28追記
 10/24に戻ってきました。
 もうピッカピカの新品同様じゃん!
 大所では・・・
  ・キャブレターを丸ごと交換(エアクリーナーも交換)。
  ・ケーブル類を全部交換(スロットル、メインクラッチ、サイドクラッチ)。
  ・タイヤが付くハブのカバーを交換(両側とも穴が空いてた)。当然ウォーターシールも交換。
  ・ミッションオイル交換。
 メインベルトは去年自分で交換したのでOK。
 お値段は約3万4千円なり。
 これでまた10年は動くべ。

06/10/24 修理完了。

  ライフジャケットを買ったのだ 2006/07/30
 前回7/2の釣行のときに、船頭が「最近になって乗船名簿やら書かないとうるさくなってきた」と言う話をしてた。
 んで「ライフジャケットも着ないとダメになりそうなんけ?」と聞いたら、「んだんだ」との返事だったんで、早速ライフジャケットを買ったのであります。
 今まで持ってたのは普通のライフジャケットで、前後に浮力材の入ったでかくて邪魔なやつ。
 こいつは釣りするときに腕を動かしにくいだけじゃなくて、夏場はもうめっちゃんこ暑いんだよね!とても着けてらんないよ。冬場は暖かくて良いけど。ちゅうわけで、結局全然使わなかったのだ。
 でも今後は着なくちゃならないんで、自動膨張式のやつを買って、昨日の釣行で早速使ってみたのだ。
 買ったのはこれここで購入。送料とポイント値引きで14784円也。
 ネットで注文ボタンを押したら2時間後に振込先のメール到着。すぐJNBから振り込み。1時間後に入金確認メール到着。さらに4時間後に商品発送のメール着。んで翌日の午後にはもう届いちゃった。便利だね〜
 届いたライフジャケットを持ち上げてみたら、こいつ、意外と重いんだよ。
 膨張用の二酸化炭素ボンベやら仕掛けやらに結構重さがあって、見た目よりは重いのだ。
 まぁ1キロまでは無いと思うけど・・キッチン秤で量ったら600gだ。
 実際に着けちゃうと全然気にならないけど、見た目よりは重いです。

 で、昨日の釣行で使った感想だけど、なんちゅうか着けてることを忘れるね。
 全然気にならないというか、もう無いのと同じ。
 これなら快適だわさ。
 ちゅうことで、膨張式のライフジャケットはとても良いって話でございました。
 ライフジャケットは良かったんだけど、今度はカッパが最悪でさ〜
 昨日の釣りは雨の中だったんだけど、雨は良いんだけど(良くないけど)濡れるのヤダも〜ん。
 前回までは快適に使えていたカッパがいきなりの水漏れだもん。
 最初にしみてきたのはお尻ざんす。
 道具を準備して、アイスボックスを置いて席を決めて「さてと、んじゃ釣り開始」と腰掛けたら、ほんの数分で尻が濡れてきた。
 「あう、なんじゃ??なんじゃ〜???」と思う間もなく、今度は肘の辺りがじわわわ〜と濡れてきた。
 もうその後はアッチからもコッチからも入り放題ですわ。
 ’シントウメッキャクシテモ雨はヤダ’
 6時間、よく我慢しました。上が・骰には完璧に水浸し。
 船が沈んでライフジャケットの実験ができたんならともかく、実験もしてないのにボコ濡れでございます。
 今度はレインジャケットが必要になったのだ。
 弟子が良いのを着てるから、だましてアレを取り上げよう・・・(^^;

06/7/30 全体。
右は雨&日除け陣笠。

06/7/30 膨張装置。
年に一度は実験してみろとさ。
毎年海に落ちるのヤダ。

06/7/30 膨張装置のアップ。
左がCO2タンク。

06/7/30 膨張装置の取説。
ここなら無くさないもんね。

  無線LAN 2006/07/04
 なのだ。
 今回のゴルフ場のカート位置情報収集装置のソフト開発で、現地デバッグ用にノートパソコンを買ったんだけど、折角ノートパソコンがあるならさ、やっぱ好きな場所で仕事したいじゃん・・などと思いつつ町中をウロウロしてたら、今日、電気屋を覗いたら、バッファローの無線LANが大安売りだったのだ。
 新製品が出るから安売りしてたんだろうと思うけど、安けりゃなんでも良いモンね。
 ちゅうわけで買ってきました。8980円也。
 この無線LAN、ルーターにもブリッジにもなる優れもの。
 しかもオマケにUSB無線LANアダプタまで付いてるんだよ。今回買ったノートパソコンには、無線LANもBluetoothも内蔵されてるんで、USBアダプタは要らないんだけど、まぁ、その辺のパソコンに使っても良いんで、これはお買い得でした。
 野良JNでは未だISDNしか使えないんで、この無線LANの親機のルーター機能は使えないけど、ブリッジになるんで文句無しなのだ。いずれDSLが来たらルーター機能も使えるもんね。
 で、早速ポコポコとくっつけて、見事に快適ネット環境でございます。
 もう机に張り付いてる必要ないもん。
 家中どこでも好きな場所でお仕事できるのだ〜〜〜〜〜!うっれっしいなっと!
 ちなみに今回デバッグ用に購入したノートパソコンは、VAIOのVGN−A74S・・これも新製品が出るんで安売りしてたやつ・・別にどのパソコンでも良かったんだけど、ノートパソコンでメモリ2G積めて、画面がワイド17インチで・・老眼で画面が狭いと見えない(^^;・・テレビ機能が無くて(バッテリーの持ちの関係)、速度まぁまぁのって、これしかなかったのだ。

06/7/4 親機。
左はISDNルータのMN128。
これももう骨董品だよね。

06/7/4 仕事場移動。
ノートパソコンのキーボードはどうも慣れない
んで、RealForce外付けなのだ。

  ヒラメ釣り 2006/07/02
 そう言えば7/2にヒラメ釣りに行ったのだ。
 相変わらずいつもの3人だす。
 釣れなかったのだ。
 皆で4匹ぐらいだったかな?
 今回は貸し切りじゃなくて相乗りだったのだ。
 ヒラメ釣りなんだけど、カレイ釣りのお客も居たんで、船がこまめに移動できずってやつ。
 んま、それでもきれいな海に出て良い空気を吸って、適当に楽しんで最後は美味しく頂きました。
 やっぱヒラメは美味いよね〜
 「鯛やヒラメの舞い踊り」だもん。「鯛やカレイの舞い踊り」じゃないもんよ!

06/7/2 オイラの道具。
エギ竿+ルアーリール。

06/7/2 雨だったのだ。
パンツにしみ込んだそうな(^^;

06/7/2 良い場所を確保してる弟子。
ちっとも釣れないけどね(笑)。

  ハイエースだもんね 2006/02/17
 ちゅうわけで、ハイエースで遊んでます。
 このハイエースは年末にヤフオクで買ったんですら。
 1994(平成6)年に登録の、ハイエース スーパーカスタム リミテッド 4WD。ハイエースのカタログ
 俗に言う”中期100系ハイエース1KZ”なのす。
 落札金額が\398,000、陸送料が\29,000で、合計でざっと43万ですら。
 千葉の中古車販売業者の出品でした。
 走行距離は10万4千キロ、ワンオーナー車・・書類が届いて見たら、インチキじゃなくて本当でした・・あらまぁ珍しい。
 タイミングベルトは7万5千キロ時に交換されてました。
 「10万キロも走った車に40万も出すバカおるか!」と言われそうだけど、ハイエースは50万〜100万キロは走るそうなんす。
 その気になれば、まぁオイラが逝くまで乗れます・・すぐ飽きるくせに・・
 キャラバンやらエスティマやらデリカやらボンゴなら、かなり安いのが見付かるんだけど、ハイエースのリミテッドとS-GLは、なんかやたら入札が多くてさぁ、一年近くずっと追いかけて「これだ!」って落札したのだ。
 ところで、後から知ったんだけど、ハイエースには”ハイエースマニア”が存在するんでっせ。そのせいで高いのね。
 ”ワンボックス最強のハイエース”、”ハイエース以外は車じゃない”、”ハイエース命”・・などなど。
 これに入札する前に、数台のリミテッドが出てたんだけど、他の人の入札を横目にぐっと我慢して見送って、年末の最後に出てきたこいつもギリギリまで入札せずに(入札すると目立っちゃう)引きつけておいて、締め切り3分前に入札!
 ドキドキしながら待つこと3分・・・
 「おお!誰も入札しない!やった!最低落札価格でいただきじゃ〜!」と言うドラマがありました。
 実は出品者に「50万で即決しない?」ってメールしたんですわ。そしたら「50万じゃダメ」って言われて、仕方なくて入札にしたんだけどさ、この車が出る前に何台かリミテッドが出品されていたんで、欲しい人がバラけたみたいなんだよね。ついてたっす。
 一年近くもずっとハイエースのオークションを見続けてきたんで、車種別の違いとか値段の入り方とか、それと出品者が隠したいこととかウソとか、かなり見抜けるようになったです。
 途中で何台もの詐欺&詐欺まがいも見てきました。
 例えば、実車が無いのに写真だけで出品して金だけ取ってドロンとか(出品者が岩手だし車が凄く良いんで「実車を確認させてくれ」と言ったら返事が無かったんでオイラはパスした。現在警察沙汰)、記録簿が無いのに有るような事を匂わせたり(「何年から何年までの記録簿があるんか?」と質問したら「今回の車検の一枚じゃ」とか)、メーターを交換してて走行距離が分からないのに「低走行のハイエース」とか表現したり・・写真を見ればダッシュパネルがその年式じゃないんだからばれてるっちゅうの。
 ちゅうわけで、今なら良いハイエースを簡単に見付けられまっせ。
 どなたかハイエース欲しい方いませんか?お手伝いします(笑)

 と、まぁ面白いことが色々あったです。
 そんで車は落札後、ほんの数日で岩手まで届きました。
 そうそう、陸送料金のことだけど、個人宅宛に届けてもらうよりも、修理工場宛に届けてもらった方が安いんだよ。
 オイラの場合は近所の整備工場に届けてもらったんで、大体5千円程度は安くなりました。
 だってどうせ車検を取らないとならないんで、最初から整備工場に届けてもらう方が手間がないよね。
 前のタウンエース(3年ほど前にヤフオクで13万で落札)の時は、自宅宛に届けてもらったんだけど、車検のために整備工場までまた運ばなくちゃならなくて、二度手間だったのだ。
 でも自宅の名前を「(株)野良印整備工場」と言うことにして、陸送料金自体は節約したのだ。

 で、早速にも書類関係を見たら、この車は整備工場をやってる人が持ってた車なんね。
 東京で整備工場を経営してる○○さんが、平成6年に新車で買い、去年の9月に手放して、そんでこの業者(出品者)に渡ったみたい。
 確かにワンオーナーですら。
 で、今度は近所の整備工場で車検を取ってもらう訳なんだけど、ここで一悶着。
 このハイエース、いかにも高そうなアルミホイールを履いてるんだけど、なんとまぁ鍵がかかってたのだ。
 気持ちは分かるけどさぁ、そこまでしてホイールにこだわるか〜??ホイールなんて丸けりゃどうでもエエけどな(笑)
 整備工場のアンチャン・ヘ「これじゃ車検は取れねぇべな。オラ知らね」しか言わんの。
 そんでまぁ色々あって、色々工夫して・・書くとマズイと思うので書かないけど・・無事に鍵は開いたのでありました。
 ところがこのホイール、オフセットが小さくてタイヤが横にはみ出してるのであります。
 整備工場のアンチャンは「これじゃ車検は取れねぇべな。オラ知らね」と言うのであります・・うそ・・車検の時だけ他のホイールを付けてうまく通してくれました。アンチャン、スマソ。
 この車検整備で、スタッドレス4本交換、マフラー交換、全てのフィルター類の交換、Rブレーキパッドとシュー全部、全てのオイル類の交換、ブーツの交換とLLC交換をした(Tベルトやウオーターポンプ、オルタネータ、プーリー、ホース類、マウントなんかは20万キロで交換予定)。
 車検の後で、ワイヤレスエンジンスターターと白色ヘッドライトを追加。

 で、車検も無事に通って、現在は快調に走っております。
 乗ってみると前のヤフオク13万のタウンエースとは雲泥の差ですら(このタウンエースは、近所のおっちゃんにもらわれていきました)。
 ホントに雲泥の差。こんなに違うとは思わなかったっす。
 新車価格が2倍違うと、やっぱ大分違うですら。
 まずは何と言っても、凄いパワーですら。しかも静か・・タウンエースと比べたら・・R32スカイライン並・・ウソ(笑)
 でも、その辺の1500CC級の乗用車より、速く走れるのは間違いなし。
 3000CCの電子燃料噴射ディーゼルターボは、こんなに凄いんでんな!
 ガソリンエンジンと違って低回転域のトルクが強烈なんで、40〜80キロぐらいからの加速が快適なんですわ。
 高回転高馬力エンジンじゃなくて、低回転高トルク型エンジンなんで、「ウィ〜ン」と言う回り方をしなくて「ドルルッルッル〜〜」って感じで、グリグリグリッっと押し出すように加速するですよ・・アメ車みたい。
 ただ車体重量が2tもあるんで、停止時から20キロぐらいまではゆっくり加速させてます。だってタイヤがあっちゅう間にすり減ってしまうべや。
 いやはや、とにかくこの手のバス型の車とは思えない加速をしますな。
 上り坂でも煙も出さずにグングン加速します。「・ヌるるるる〜ぶぶっぶ〜〜」っと走ります。
 バスだと思ってなめてかかる奴は、痛い目をみるのだ。登坂車線専門の積年の恨みを晴らしてヤルだ!
 う〜ん、快適快適。
 ノロそうで早いってのは気分がエエ。
 いくら燃費が悪くてもこの加速なら許すのだ。でもリッター6キロはちょっとキツイのだ(^^;
 そうそう。それから車高が高いんだよね。
 タウンエースよりもぐっと高い。
 だから走ってて気持が良いんだよ。
 でも乗るのが大変、降りるときはもっと大変。年寄りにはキツイのだ。

 こりゃ面白いですわ〜
 って、ワケで、仕事に飽きるとすぐにそこらを乗り回しております。
 車内の大掃除やら、ナビの取り付けやら、しょうもないオマケ機能やら・・また近日中にアップするです。

06/08/13追記
 お盆でございます。
 「また近日中にアップするです」って、ちっともアップせんでした。スンマセン。
 車はとても快適で、な〜んの文句もナシ。文句どころか快適でブルブル走り回っております。
 で、今回は初めてのパンクですわ。
 買ったときに付いてたスタッドレスを履きつぶそうって事で今まで使ってたんだけど、砂利道でパンク、パンク穴がでかくて修理不能って事で、タイヤの溝も限界っぽいんで、ついでに4本とも夏タイヤに交換してもらったのだ。
 整備工場のアンチャンに「丸けりゃ何でも良いから交換してちょうだい」ってお願いしたら、適当に中古タイヤを見つけてきて交換してくれました・・アンチャン、いつもありがとう。
 スタッドレスから夏タイヤに交換したら、やっぱ走りが軽いよね。
 リッター1キロぐらいは燃費が良くなったかも。
 で、燃費じゃなくてパンクしたときの話。
 パンクしたんでタイヤ交換しようとしたわけよ。
 オイラはパンク用に十字レンチを持ってるんだけど、なんとまぁ、そのレンチがホイールに入らないんだよね!
 全部のネジに入らないんじゃなくて、何本かだけ入らないのよ。
 ホイールとネジの隙間が狭くてレンチが差し込めない。車載キットのレンチも試したけど、こいつもダメ。
 このホイールは夏タイヤ用にヤフオクで落札したやつなんだけど、安いせいで狭いのか?

06/8/13 ここが狭いの!
 「おいおい、なんだよなんだよ、鍵がかかってたり、レンチが入らなかったりさ!アルミホイールって面倒くさいばっかりじゃんか!」・・オイラとしてはホイールなんてどうでも良いんだよね、丸くてタイヤがくっつけばそれでエエねん。
 まったくもうムカツキなのだ。
 でさ、もう諦めてJAFを呼ぼうと思ったんだけどさ、チョイ待て〜い!
 オイラの任意保険には確か「カーレスキュー」とか言うサービスがオマケで付いてたはず。
 どれどれ、保険証券なんてものを見てみようじゃんか・・・ふっふっふ・・・にゃっはっは!あるある〜
 対人無制限+対物2千万で年間2万円もしないのに、しっかりロードサービスまで付いてるのである。
 「よっしゃ!」ってわけで、早速にも携帯から電話したのだ・・この日は珍しくも携帯電話を持っていた、電池も残ってた(^^;
 でさ、電話代向こう持ちの0120-XXX-XXXに電話したら、いかにも頭の回転の良さそうなクリアな声のネーチャンが電話に出てさ、あっという間に交渉成立。
 「今夜8時に北上駅の西口でピンクのナーススタイルでお待ちしております」だと・・う〜んう〜ん・・じゃなくて(爆)
 「30分後にそちらにサービスカーが到着します」との話でありました。
 こんなに便利だと雪降りの時なんか気楽に呼んでしまいそうだよ。
 で、サービスカーが来てオッチャンがタイヤ交換をするかと思いきや、あらまぁ車を積んで運ぶってさ。
 おい、たかがパンクで20キロ先まで車を運ぶってか(笑)。
 現場でタイヤ交換しちゃうとカネにならないんだ・ラね・・オイラとしては無料だからどっちでも良いけど。
 ちゅうわけで、車を乗せて運ぶ途中の車内でのオッサンのオハナシですわ。
 どういう事かっちゅうと、結局「JAFは全く不要である」って話ね。
 JAFは年間4千円とかするらしいけど、任意保険のロードサービスが有ればなんも困ることはない、どころか、むしろ便利だとさ。
 任意保険のロードサービスは、JAFよりも契約工場が多いんで現場に早く来てくれるし、国土交通省の天下り役人に払う給料が無いだけサービスも良いんだと。
 オイラは最初から保険のロードサービスだけなんだけど、なかには「保険+JAF」って景気の良い人もいるらしいけど、これって全くの無駄だよね。
 んじゃ皆様、JAFはさっさと脱退しましょうね。

06/8/13 オートバックスでアルミホイール用の
十字レンチを880円で買ったよ。
右は今まで使ってたレンチ。

06/09/21追記
 運転席ドアのロックレバーの動きが悪いのであります・・ロックレバーってのは、ドアを開けるレバーの上に着いてる小さい赤いマークの付いた、ドアに鍵をするときのやつね。
 他のドアは問題無いんだけど、運転席のロックレバーだけが滑らかに動かないのだ。
 手で動かすのは問題無いんだけど、キーレス(無線で鍵を開け閉めするやつ)で動かすと、ピクっとするだけ、または途中まで行くと止まってしまう・・行きそうで行かない・・いやん(^^;
 なんちゅうか、最後まで「カチ」とレバーが行かない、動きがしぶくてスパッと行かないって感じ。
 いかにもドアロック関係のリンケージの油切れって雰囲気なんで、運転席ドアの内張を外して覗いて見ることにしたのだ。
 ところがギッチョン、これが意外と外れないじゃん。
 「ん?こんなもん外すのに何か問題有るか?」などと自問自答しつつ、隙間に明かりを入れて覗いたら、ハイエースの内張には真ん中辺にもポッチが着いてたのね、知らんかったっす・・10年前のハイエースのドア内張を外す奇特な人がいるかもしれないんで、念のためにポッチの位置をアップしておくっす。
 んで、ドアロックのレバーににつながってるリンケージに、シリコンスプレーをプシュプシュしたのだ。
 ん〜〜〜ん〜〜〜
 大分軽く動くようになったけど、イマイチまだ時々引っかかる。
 5回に1回ぐらいはスパッと最後まで行かないって感じ。
 で、どうしよう?
 鍵を動かすためのアクチェーター(ドアロックモーターとも言う)が根性無くなったんかな〜
 アクチェーターを交換すれば良いんだろうけど、アクチェーターを外すには窓ガラスを抜かないと駄目みたいだし、なんか大仕事になりそうだよ〜。大仕事は良いんだけど、元に戻せなくなりそうなんだよ〜
 ん〜どうしようどうしよう。
 んま、今は良いや、目をつぶって蓋をしてしまおう・・・また後で考えよっと(^^;

06/9/21 内張を外したところなのだ。

06/9/21 ポッチ。

06/9/21 ここらにはグ・潟Xをスプレーしたった。

06/12/28追記
 年末でございます。
 やっと今日になって少〜〜しだけ、落ち着いたとです。
 12/24に「1/4迄に客先に出す約束しちゃったからソフト仕上げてちょうだい!」と言われて「1/4迄って事は、12/28迄に作らにゃ実質間に合わない」って事じゃん!ってんで、もうめっちゃんこ慌ただしく目が痛く肩が痛く腰が痛く胸焼けしてるし、そのくせ前からの約束の忘年会にはしっかり出ております・・一日2時間睡眠(普段は10時間睡眠)でビールも飲まずになんとかセーフ。
 ふ〜〜〜
 玄関にピンポンと客が来ても知らんぷり、電話はもちろん出ない、飯はパソコンの前で食う、ウンピもピッコもコタツの中に垂れ流し・・・と言う生活でございました。
 結局なんとかなったからもうエエけど、この「ヒマとヒマじゃない時の極端な格差」は、この仕事特有だすねぇ。
 「車があるから家にいるのは分かってるのに無視する、電話に全然出ない、メールの返事もしない・・・」
 ハイハイ、スンマセン、ゼンブオイラガワルイデス。シントウメッキャクシテモビールハウマイ。
 不義理を重ねて生きております、嫌われモンでございます。
 「どうせ毎日こたつでビールでミカンだべや」と思われちょるとです・・まぁ、そう言う事が多いんだけど〜(^^;

 で、ハイエースが故障しました。
 なんとオーバーヒート。
 12/16に三陸沿岸の山田町まで行ったとです。
 例のOrca船主に載せてもらってのアイナメ釣り。
 これがまたバカ釣れで、35〜45cmのアイナメがバンバンあがったとです。手応え最高でした・・好事魔多し。


06/12/16 良い雰囲気だべ〜

06/12/16 5匹だけ持ち帰りました。

 良い気分で山田から笛吹峠経由で遠野まで来て、国道沿いの釣具屋でルアーを買って、ほんの10分ほど走ったらメーターパネル右から2番目の黄色いエンジン警告灯が点灯。
 見たことのないランプなんでじっくり見てたとです。そんでひょいと左側の水温計を見たら、右端一杯まで振り切って点滅中なり!
 「ぎょぎょぎょ〜〜!」ってんで車を止めようと思ったら、上手い具合に公園のパーキングが目の前。
 で、パーキングに入ってエンジンを止めたら、助手席のシートの下で「ゴボゴボバシューーー」。
 お湯が噴き出してるとやばいんで、恐る恐るシートを持ち上げたら、まぁラジエターキャップから蒸気が温泉のごとく噴き出しておったとです。
 あ〜驚いた。
 いや〜今まで何十年も中古車に乗ってきたけど、ただ走ってるだけでのオーバーヒートって初めての経験ざんす。
 んで、冷えるのを待って、ミネラルウオーターでも足しながら走れば良いやと思ったんだけど、オーバーヒートの直前に点灯したエンジン警告灯の事が頭にひっかっかって、安全を見ていつもの修理屋のアンチャンに電話したとです。
 そしたらほんの30分ほどで運搬車に乗ってやってきてくれました!
 で、釣りの話しで盛り上がりつつ乗せられて帰って参りました。
 今回、しっかり携帯のバッテリーが残ってたし、しかも修理屋のアンチャンの電話番号も登録しておいたなんて、いつかこの日がくるのを見越してたのね(笑)

 修理したのはラジエターでした。
 修理ちゅうか交換でんな。
 でも修理屋のアンチャンの顔がイマイチすぐれず、ちょっと不安そうなのであります。
 もしかしたらヘッドクラック?
 でもアンチャンは前から「ハイエースはヘッドクラックあるねんで」と言ってたんで、ヘッドクラックの症状は見慣れてるはずなんで、その上でラジエター交換してくれたんだから、やっぱりラジエターだったんでしょう。しばらく乗って様子を見るです。

 今年ももう終わりですね。
 来年はゆっくりしたいなぁ・・・・

  サーバ移転 2006/01/12
 いきなりの引っ越しでやんす。
 サーバの運営会社ktplanが、採算が合わなくなってやめるんだそうな。
 ktplanは良かったんよ。
 転送速度が速いし、止まらないし、CPU占有制限がなかったし、TELNETが使えたし、コマンドの制限がなかったし、データベースも使えたし。
 サーバ一台当たりの人数をかなり制限してたんで、いつアクセスしても快適だったのだ。
 とても残念でありんす。
 この値段でこの快適さでこんなサーバはもう出てこないべね・・採算が合わないわけだわね。

 ま、仕方ないんでこれを機会にオイラも引っ越しただ。
 ちゅうわけで、ドメインも取って再出発でやんす。
 ただ、今回のサーバではTELNETが使えないんで・・普通は使えないよね、ktplanは有り難かった・・ちょっとじれったい。
 特にCで書いたサーバサイドのプログラムをコンパイルできないのは困ったことでやんす。
 今さらローカルにサーバを建てるなんてのも億劫だしさ〜
 そうそう、今回のサーバは重いCGIの動作制限をしてるんで、掲示板にでかい写真を貼るとタイムアウトしちゃうかも。
 タイムアウトするようなら写真を小さくするか、少し時間をずらしてリトライしておくれんせ。
 それでは変わらずよろしゅうにお願いします。


     2005年度はこちら

  テンプレート 2006/01/01